2013年10月24日

ユネスコに登録内定

20131014-06.jpg

日本が誇る和食という文化が
ユネスコの無形文化遺産に登録が内定したそうで。

めでたい。


偶然にも先日インディ氏(夫)の祖母の誕生祝いに
日本料理を食べに行ったところでした。
写真は前菜。
この盛り付け。
じっくり見て味を想像するのも楽しみのひとつです。
9種類載っています。
ボーゼのにぎり(写真右)は多分郷土料理。
ボーゼは今が旬。
スーパーでも並びます。
お祭りと言ったらボーゼのにぎりがふるまわれます。
私も大好き。
作れないけど。
お隣の親戚のおばちゃんが名人。







20131014-07.jpg

吸い物
リクエストの松茸が載っていました。
殆ど出汁のみの味。
いい出汁は味付けいらないんですね。




和食は目で見て、香りを嗅いで味わって楽しむもの。
その他にもお出迎えから案内、配膳など
『おもてなし』もこれに含まれるかしら。







20131014-08.jpg

お造り
甘エビたまらんかった。
添えられている小さな器には柿の和え物が。



四季のある日本ではその季節の旬を楽しむ習慣がある。
旬の食材は栄養価も高く味も濃い。
そうした季節ごとに食べるものが変わるのも
どうやら貴重なものらしい。
それも無形文化遺産に登録される一因だとか。








20131014-09.jpg

蒸物
鮭の酒蒸し 豆乳仕立て
一緒に入っていたいくらの塩味と豆乳スープが
ものすごくマッチしていて飲み干しました。
もう1椀欲しいくらいでした。







20131014-10.jpg

金目鯛山椒やき
栗の甘露煮の甘味が優しくてホッとします。



日本にいたらあまり意識しない季節。
その季節ごとの旬。
いい国に生まれたものです。
特に秋は実りの秋とも言われるほど
美味しいものがあふれる季節。






20131014-11.jpg

お肉
黒毛和牛ステーキフォアグラ照り焼き
美味しかった〜。
濃厚だけれど臭くないって素敵。

フォアグラは好みが分かれるところ。
義母は内臓系は苦手。
でも周りに強硬に勧められて試してみました。
義母も陥落。
美味しいフォアグラを美味しく料理したら
誰が食べても美味しいんだね。
日本料理なのにフレンチも楽しめて得した気分。







なんでも手に入る現代ではあるけれど
旬に注目してお店に行くと
旬のものって安いんですよね。
今だと秋刀魚や柿なんかの値段が下がっています。
もうすぐしたらさつまいもも出回ります。

秋刀魚といえばすだち。
すだちは徳島県神山が全国シェア1位。
すだちの旬は秋刀魚の少し前。
安くなった時に箱で買っておけば
冷蔵庫で2〜3か月もちます。
秋刀魚を焼いた時に贅沢にすだちがけが出来ます。








20131014-12.jpg

デザート
ミルクプリン
抹茶パウンドケーキ
カシスアイスクリーム

それぞれのバランスがよかった。
プリンのミルク感が美味しかったな。
お腹いっぱい心もいっぱいいい時間を過ごしました。



どうやらおばあちゃんもこのお店を気に入ってくれたらしく
『来年も生きていたらまた来ますね。』
と上機嫌でお店の人と話していました。
きっと来年90歳のお祝いもできるよ。
だってそんなに食べられるんだもん。
食べるは生きるの基本だからね。

おめでとう。
おばあちゃん。





posted by ぴっぴ at 09:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。