2016年01月20日

トゥシューズ選び

バレエネタは何ヶ月ぶりでしょう。
記事にはしていませんでしたが
ちゃんとお稽古に行っております。
学校に行く感覚でお稽古のある日は
行かないと気持ちが悪い。
年を取るにつれ健康維持とか体力維持が
難しくなってきています。

そんな時にバレエはいい。
肩こり リセットにはもってこい。
その他運動量もだいぶあるので
そこそこ体力維持になっています。
真冬でもじんわり汗をかく程度に
動くのでなんか色々整う気がする。
なによりフリを覚えて身体を動かす
というのはなかなか頭の体操になるので
若さを保つのにも一役買っているはず。

稽古場に行けばお稽古仲間がいて
話をするのも楽しいですしね。
わざわざ早めに行ってたくさん話しております。
女子にはやっぱり会話が一番ストレス解消になります。
ストレスなんてないけど。



そんな感じで細くではありますが
切れることなく続けているバレエ。
年に一度の発表会の季節が来ました。


なぜか先生がやる気を出したようで

大人クラスもトゥシューズでやる

と言い出し。


言い出したのが昨年秋頃。
その目標に向かって通常稽古の後半には
ポアントクラス追加。
殆どの人が初心者ですので履き方から。
と言うかトゥシューズを買うところから指導。

ぴっぴ地方にあった唯一のバレエ用品のお店
チャコットさんが撤退してしまい
一番近いのは隣のうどん県のお店 という状態で
トゥシューズを始めるにはかなり厳しい状況だったのですが
シルビアさんが稽古場まて来てくれたので
先生と共に選べる機会が与えられました。
以前にも何度かあったのですが
今回はトゥシューズをたくさん持参してくださり
あれこれ試着できました。

私も試着させてもらいました。
これまではレペットのルスカというのを使っていました。
今回もそれにしようかと思っていましたが
久しぶりに出してきて履いたら痛い。
足が痩せたのかなんなのか
中で足が落ちて爪で支える形に。

私の足は甲が出るタイプ。
とても柔らかくて前にグニュッと出過ぎる。
なので底の部分がかなり硬いのがいい。
そして足自体が超薄っぺらいので幅が細くないといけない模様。
もっとこう日本人の平均的な足なら選び放題なのに
なんと難しい足だこと。
なもので先生に相談しまして目星をつけて
合いそうなメーカーのものを持って来て頂きました。

いくつか試着して選んだトゥシューズは
グリシコ2007。
他のに比べて幅が狭くちゃんと支えてくれる。
こんなに幅がせまいのは初めてなもので
キツく感じましたが、先生は一目見てこれがいいと。
立った時の形がいいらしい。
ふむ。


最近はリボンが伸び縮みするものがあるんですね。
試しにそれをつけてみましたよ。
どうしても前側にたるみが出来やすいので
それが解消されるならいいですよね。




image.jpeg

お正月明けのお稽古に先生からお年玉。
六花亭のチョコ詰め合わせ。
とっても可愛くてつい撮ってしまいました。
六花亭はやっぱり美味しい(*^^*)



posted by ぴっぴ at 22:47| Comment(2) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お!久しぶりですね、バレエネタ^^
私も2007ですよ〜!
甲が出る薄っぺらい足で、硬さと幅の種類が豊富でそればかり履いてます。
結構、最初は厚みを出して作ってあるので少しつぶしてから履きますよ。
馴染んでくるとかなり幅が広がります。少しつぶれますし。
私は足が大きいので、深くなりすぎるため
ヴァンプカット処理をしてもらってドゥミの通りを良くしています。

トウシューズって大変なんですけどね、なんかテンション上がりません?
もちろん思うようになんて全然踊れないんですけど、
やっぱりポイントからの景色はちょっと好きだなぁと思ってます^^
Posted by panda at 2016年01月22日 16:09
◆pandaさん
なんとpandaさんも2007ですか。
同じような足の人がいたっ 笑
このトゥシューズいいですね。
しっかり立てる感覚があります。
なるほど少し潰すという方法がありましたか。
ちょっと試してみよう。

トゥシューズでテンション上がるのは素敵ですね。
私はもう必死すぎて余裕がありませぬ(ー ー;)
もう少し慣れたら楽しめるかなとも思いますが…。
何はともあれ頑張ります(*^^*)

Posted by ぴっぴ at 2016年01月25日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。